[小ネタ] El CapitanでMicrosoft Narural Ergonomic Keyboard 4000を使う

投稿者: | 2015年10月22日

編集長の佐藤(@akihirosato1975)です。
最近ブログの更新が止まっているので小ネタでも一つ。

自分が普段使っている「Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000」ですが、一応OS X対応をうたってはいるものの、ドライバのダウンロードページを見てみると、実際にはOS X 10.7(Lion)までのドライバしか提供されていません。
それでも、OSを10.9(Mavericks)とか10.10(Yosemite)にアップデートしてもキーボードとしては一応使えていたんですが、今日OS X El Capitanのアップデート(10.11.1)が来てたのを適用したら、AltキーやらWindowsキーやらが反応しない、半角/全角キーが認識されない(バッククォートキー扱いになる)など、いよいよキーボードとしてまともに使えない状態になってしまいました。

物自体は一応現行製品のはずなんですが(現在もMicrosoftのサイトで販売されている)、OS X用の新ドライバが提供される形跡もなく、どうしようかと頭を悩ませていたところ、やはり同じ問題で悩んでいる人は結構いるようで、こんな記事を見つけました。

Using Microsoft Natural Ergonomic 4000 Keyboard with Mac OS X El Capitan (10.11)
http://www.wavether.com/?p=474

この記事に従ってKarabinerをインストールして設定をカスタマイズしたところ、なんとかまともに
使えるレベルに復旧。ちなみに設定はこんな感じになりました。

karabiner

本来なら下の3つの設定だけで済むはずだったんですが、なぜか自分の環境だとCommandキーとOptionキーが逆に設定されるので、手動でCommandとOptionを入れ替えてます。
もし同じ問題でお困りの方がいたら、確実に直る保証はできませんが、ダメ元で試してみるといいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA