Unicodeにあるたくさんの波線(全40文字)

投稿者: | 2014年12月12日

鈴木です。前回の横線の記事に引き続き次は波線です。

Unicodeにある波線や波線っぽい文字をたくさん集めました。

直線ではなくS字カーブを描いている文字の一覧です。横方向のみで縦や斜めのS字は除きます。S字よりも複雑な細かいカーブを描いているものも除いています。一部、文字の名前に “wave” とか “dash” とか付いているものは複雑なS字であってもここに含めているものもあります。

この基準で見つけた波線は、横線よりも少なくてたった40文字でした。いや、40文字もあるというべきかもしれませんが、横線の135文字にはかないません。

この一覧にある文字の表示はローカルにあるフォントに依存しますので、表示できていない文字も多と思います。フォントがない場合は四角形やバツ印で表示されているかもしれません。表示できていなくても青い四角いエリアをクリックすると、Webフォントでその文字を表示してくれるサイトに飛びます。

記号等

~ U+007E Tilde: 半角チルダ
˜ U+02DC Small Tilde
˷ U+02F7 Modifier Letter Low Tilde
U+2053 Swung Dash: よく辞書で用例中に現れる見出し語を示すのに使われるらしい
U+223C Tilde Operator: 数学で Similar to の意味
U+223D Reversed Tilde
U+223E Inverted Lazy S
U+223F Sine Wave
U+301C Wave Dash: 波ダッシュ
U+3030 Wavy Dash
U+FE4B Wavy Overline
U+FE4F Wavy Low Line
U+FF5E Fullwidth Tilde: 全角チルダ

ShiftJISの全角波ダッシュ(0x8160)はUnicodeに変換する際に、ここにあるU+301C(波ダッシュ)とU+FF5E(全角チルダ)のどちらに変換されるのかで、よく混乱していますね。

波線のような文字

世界各地の言語の文字で、記号なのか文字なのかも自分ではよくわからない文字たち。自分の環境ではほとんどがフォントがなくて表示できていないです。

֮ U+05AE Hebrew Accent Zinor: ヘブライ語の文字
ۤ U+06E4 Arabic Small High Madda: アラビア文字
߬ U+07EC Nko Combining Short Low Tone: アフリカ西部のンコ文字
߰ U+07F0 Nko Combining Long Low Tone: アフリカ西部のンコ文字
U+081A Samaritan Modifier Letter Epenthetic Yut サマリア文字
U+081B Samaritan Mark Epenthetic Yut: サマリア文字
U+1711 Tagalog Letter Ha: フィリピンのタガログ語で使われていたバイバイン文字
U+1BC8 Batak Letter Simalungun Pa: インドネシアのスマトラ島のバタク語の文字
U+1C32 Lepcha Consonant Sign R: インドなどでのレプチャ語の文字
U+1C7B Ol Chiki Relaa: インドのサンタル語のオルチキ文字
𐅼 U+1017C Greek Obol Sign: 古代ギリシャのパピルスの文字
𐤆 U+10906 Phoenician Letter Zai: 古代地中海沿岸のフェニキア語の文字
𑁀 U+11040 Brahmi Vowel Sign Vocalic L: 古代の南アジアで使われていたブラーフミー文字
𓂃 U+13083 Egyptian Hieroglyph D013: 古代エジプトのヒエログリフ
𓈖 U+13216 Egyptian Hieroglyph N035: 古代エジプトのヒエログリフ
𖽨 U+16F68 Miao Vowel Sign Iu: 中国・ベトナム・ラオス・タイのミャオ語のポラード文字
𖾚 U+16F9A Miao Letter Reformed Tone-1: 中国・ベトナム・ラオス・タイのミャオ語のポラード文字
𝀇 U+1D007 Byzantine Musical Symbol Kathisti: ビザンティン音楽符号
𝀈 U+1D008 Byzantine Musical Symbol Syrmatiki: ビザンティン音楽符号
𝁦 U+1D066 Byzantine Musical Symbol Syrma: ビザンティン音楽符号

波線の結合文字

結合文字というのは、横線にもありましたが、アルファベットの上や下に付く記号に単独のUnicodeコードポイントが与えられたものです。以下の波線はアルファベットの上に表示されるものです。閲覧環境によっては右にずれちゃっているかもしれません。

̃ U+0303 Combining Tilde: 結合文字
̰ U+0330 Combining Tilde Below: 結合文字
̴ U+0334 Combining Tilde Overlay: 結合文字
͂ U+0342 Combining Greek Perispomeni: 結合文字
͠ U+0360 Combining Double Tilde: 結合文字
U+1DC8 Combining Grave-Acute-Grave: 結合文字 a᷈
U+1DC9 Combining Acute-Grave-Acute: 結合文字 a᷉

まとめ

フォントがなくて豆腐ばかりかもしれません。いつか普通の環境でUnicodeのすべての文字を表示できるようになるのでしょうか。次もひょっとしたら文字に関する記事を投稿するかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA